笑顔配達助産師よしゆうこ

笑えない日々の中にふと見えた千年先の大木の笑顔下に集う子どもたちの笑顔。
笑顔は自分のため、周りの人のため、そして未来のため。おだやかに笑顔で過ごすためにできる事を一緒に選んでいきましょう!

記事一覧(139)

離乳食 食べやすい食器

笑顔がすき笑顔のためのココロとカラダのトレーニングをご一緒に。 助産師よしです。  今日は朝から晩までみっちり、身体調和発達支援という学びを。 学んだ理由は  近頃以前に増して、赤ちゃんたちの姿勢が変わってきたと実感すると同時に、  離乳食を食べないこぼすんですスプーンを嫌がるんですウロウロ座っていられないんですこんな悩みをよく聞くようになったからです。  姿勢などのことはちょっとまた後日ということで、 離乳食については、悩むなら離乳食教室に行ってね!と平素お願いしています。札幌には、素敵で人気の離乳食教室があるし、もちろん、各保健センター栄養士さんの離乳食教室もあるからです。  その上、あくまでも個人的に体験としては 我が子の離乳食ってとりわけなどをしていて、作らずに済ませてしまって、teachinng(教える)ことにちっとも身が入らないなと感じているからです。始めた時期は7、8ヶ月と遅かったですしね・・・。専業主婦をしていたので、保育園に離乳食を持たせるということもありませんでした。(その頃たまたま採血した息子は、貧血気味でした。今考えると鉄分足してあげたらよかったな〜とも思います。一概に遅い離乳食を進める訳でもありません。)それにね、 ママの「食べろ〜オーラ」パワーが強い時にには子どもたちは食べないこともあるし、 環境が整っていない(テレビがついている、1人でつまらなく食べさせられている)こともあるし、 食が細い子どももいるし、環境や心理的な要因もあるのです。  それでもそれに増して悩みが多くなってきていると感じて、離乳食のことは全て誰かにお任せしますというまでに、赤ちゃんにアプローチしていく方法をお伝えしていかないといけない時期がきたのかもしれないと、食=パン作り=趣味と短絡的に考えガチな頭に鞭を売ってお勉強。5年ほど^^;。今日の身体調和支援の学びの実習の中でびっくりしたこと。  当たり前と言えば、当り前ですが。・食器・食具によって食べ物の味が変わる。・飲み込みやすさも変わる。  ここまで違うとは!! 実習させていただいて実感しました。水とお湯とヨーグルトとバナナで。   今日は、食器・食具、中でもコップとサジ(スプーン)に限ってお家にあるものを使うという前提で要点をお伝えすると。 1.赤ちゃんの小さい口にあったサジを使いましょう。  お家にあるできるだけ小さいティースプーンを。スプーンのくぼみは浅いものの方が食べやすい。離乳食用としてプラスチックのものも販売されていますが、ぽってり厚いものより薄く平らなものが食べやすい。  2.赤ちゃんの小さいお口にあったコップを使いましょう。 「う」という時の蛸の口みたいにすぼめた口で唇と下を使った連動運動で飲むことができます。ストローマグは、この連動運動をしなくても飲み込めてしまうので、丸呑みの癖と下の動きが発達しにくいので、ストローマグはコップからしっかりと飲めるようになってからの使用の方がいいみたい。マグカップの片手もちは、赤ちゃんにとっては使いにくい。両手を添えて飲む方が飲みやすいのです。いわゆる紙コップ以上の大きさは、赤ちゃんにとっては、ラーメンどんぶりでお水を飲むようなものなので、10ミリリットルを測ることのできる薬盃ぐらいのもの(それでも大きすぎるらしいです)を少し力を入れて持ち潰してあげると良いとのこと。この画像はhttps://item.rakuten.co.jp/sb-ps/10000598/?s-id=pc_shop_recommendからお借りしました。(これがすごく使いやすい訳ではないので離乳食のために買わなくてもいいですよ)(今日は陶器のカップを見本に使わせていただいてとても飲みやすかったです。ネットで販売していないんだって。) 

ちつのトリセツ

笑顔がすき笑顔のためのココロとカラダのエクササイズをご一緒に。助産師よしです。ちつのトリセツセンセーショナルな題名ですが、副題は更に! 劣化はとまる!  さすが、たつのゆりこさん指導監修。たつのさんは、東京にあるBe born助産院 と産後養生院の院長さんで、アーユルヴェーダに精通されておられます。私が知る限りでは、日本人の女性性器への羞恥心とそこからくるおそれってかなり強い。  最近少し緩んできたかなっておもうけれど、産後のママに自分の性器どうなったか、みてみた?触ってみた?って尋ねると、トンデモナイ!って表情に出会います。  ちつのトリセツの著者原田さんは、たつのさんに、「男性にはさわらせるのに自分でさわるのはイヤですか?」と言われた。と書かれています。カラダにまるでブラックホールが空いているような!感覚で、名前を呼べない、みることは嫌、触るなんてとんでもない!って場所に、ケアはできないの。   もう何年も言い続けている事を、こんなに明快に、いつの年齢でもできる形で提供してくださった本、原田さんも、たつのさんも本当にスゴイよ。パートナーがいつも、いなくても。セックスをしても、しなくても、何十年していなくても。関係ない。ぜひ、ちつがある方全ての皆さま、読んでみてください。出会ってください。

自分で作るイメージ写真

笑顔が好き笑顔のためのからだと心のトレーニングをご一緒に。助産師よしです。またまた、助産師らしからぬ記事。 素人による 画像のお話。  小さいけれど、イベントを企画しイメージ画像を作ったり、学校へ届ける授業のスライド(パワポ)を作成したり、メッセージカードを作成したり。なんだかんだと、合成画像にはよくお世話になります。好きなんです。  美術の成績はよかったことはないけれど、絵を描くことは好きだった。ところが、頭でイメージしたことを、手が実現してくれないの。癇癪おこして指で絵の具を塗ったり、途中でくちゃくちゃにしたり、乱暴になったり。パソコンも同じ。高価なソフトを入れればサクサクかもしれませんがphotoshop-elementsの2.0 なんてのを Win95で使っていたから、重くて大変でした。 ちなみに 今は、photoshop-elements15 になっていて、値段もあれ?1万円台! パソコン版でも無料のものがあります。最近は使わないけれど、Pixler https://pixlr.com/editor/ このソフトのすごいところは、ネット上でできるので、ダウンロードはしなくていい!お手軽ですが背景の透過から、ぼかしやかなりの事ができます。  最近使うのはiphoneアプリです。Lineカメラもよく使います。美肌効果高いですよね。簡単で好きですが、画像作成はもう少し踏み込んだものがいいな〜ということで、 Phonto  ←クリックするとダウンロードできるサイトに飛びます。  使い方は検索すると出てくるよ。例えばは、ここをクリックしてね。  使い方は簡単で、ちょいちょいと画像が作れちゃいます。 例えばね、これは FBのイベントのヘッダー画像に。

足うらをマッサージしよう

笑顔が好き。笑顔でいるための心と体のトレーニングをご一緒に。助産師よしです。昨日に引き続き、発達のお話です。昨日のブログに追加した書いたこと。(昨日のブログは二足歩行と離乳食とアーシング)  ※注目!!

ブログを読んでくださった小児科医の加藤静恵先生がアドバイスをくださいました❤︎    赤ちゃんの時からケアして足力があるお子様は裸足はお勧めです。(足の力のことは次のブログでご紹介します) 
   お子さんによっては、足の裏の感覚が過敏だったり、生まれた時の反射が残っていることがあります。

この場合は、立ったり歩いたりする時のバランスがうまく取れないことがあります。こんな時には、裸足よりも、靴のフィッティング(必要ならインソールの作成、5本指靴下の着用)をして、それがあえば、歩きが変わり、立ち姿勢、足音、歩容(左右の振れ軽減)が改善されることがあります。  つまり、誰でも素足裸足がいいというわけじゃないよ、ってことです。 加藤先生がたくさん文献をご紹介くださったので、引き続きしばらく発達の話題を書きますね!今日も発達のお話ね。生まれてきた赤ちゃんは、首がグラグラしていて、もちろん歩けないでしょ?約1年かけて赤ちゃんは人間の特徴の一つである直立二足歩行ができるようになります。ある日突然、すくっと立つわけではない。  歩けるようになるまでには、たくさんの動作を階段を上がるように一つ一つ発達していきます。  「首座り」「寝返り」「うつぶせ」「腹ばい」「おすわり」「よつばい」「たかばい」など「ハイハイ」「つかまり立ち」「あんよ」というわけです。   これは早ければいいというものではありません。できれば、順序通りに、左右差や歪みがなく、繰り返しやりきって、次の段階に進むことが望ましいと言われています。 こう書くとね、「うちの子ハイハイしなかった〜(涙)」とか、「赤ちゃんの頃からあの子は手のかかるへんな子だった」とお子さんの前で口にされる方がいらっしゃします。もちろん運動発達大切です。一方で、精神発達も大切だし、順序が違っても成長してからでも取り戻すことができるから、「もうだめだ」より「今日からどうしたらいいかな!ワクワク」「今日聞いてよかった!」と考えてね。少なくても、「だめなこ」より「伸びしろがたくさん!ある。楽しみ」と口にしてください。 発達の階段をあとで取り戻す方法の一つとして、ブレインジムがあります。札幌の方は原ちゃんという方がいらしゃいますので繋がってね。そして、今、まさしくハイハイしていたり、ハイハイ前のお子さんがいらっしゃる方は、是非是非、足の親指に注目してね! 赤ちゃんの「ハイハイ」が、足の親指を使っているかどうか、しっかり見てください。足の親指を使っているとOKですが、足の親指を使っていなかったら!場所を選ぶ。動きやすいところ。下がふわふわだったり斜めだったり異物があるのかも。場所も0Kなら、足の裏のマッサージや足の裏を合わせる手遊びなど工夫して遊んでみてください。赤ちゃんの足裏のマッサージってなんでだろうと思っている人たくさんいますが、足の裏の複雑な動きを支え、感覚を捉えるのは、触れることから始まりますよ。たくさん触れてあげてくださいね。私の文書よりもわかりやすいサイト広島市梅林よつば保育園園長便り

二足歩行と離乳食とアーシング

笑顔が好き笑顔のための心とからだのエクササイズをご一緒に!助産師よしです。今日のテーマは二足歩行とアーシング(体内にたまった静電気を体外にアース(放出)すること)となぜゆえかに離乳食の関係です。今月に入ってから参加した勉強会は、  *イオさんこと早川 寿保さんのアースマット勉強会*吉田敦子さん(母子フィジカルサポート研究会代表)の 赤ちゃんの気持ちいい生活を応援しよう *石田房枝さん(赤ちゃん歯科ネットワーク代表) の 歯科医師の立場から(赤ちゃんの発達を考える内容でした)  人生ってすごいな〜と思うのが、 この勉強をしたタイミングで私の足がマメだらけになったこと。サンダルでスキー場下りをしたため・・・足がマメだらけになり、靴を履けないほどの激痛で、裸足で歩く羽目になり、期せずして道具を使わないアーシング(30分以上直接肌を大地に当てて、放電と地球からのエネルギーをいただくことらしい・・・。)を実施。  アーシングが健康にどんな影響を及ぼすかは私は素人で検証もしておりませんが、30分以上裸足で地面を歩き回って感じたこと。気持ちいい足がポカポカする疲れない 足が喜んでいるあ、虫もいるし、危険物もあるだろうし、お試しする方はリスクも覚悟してね。  そしてね、足が触れたものが感覚として脳に刻まれるみたいで、山道でおしゃべりに夢中になっていたら道を間違え、その時に「この道は踏んでいないよ」ってわかったの。面白いよね。感覚としての記憶。    人間は直立二足歩行するようになって大脳が発達したとかなんとか言われている。だから歩くって基本なんじゃないかな〜。赤ちゃんの歩くを大切にするには、実は妊娠中から、いやいや、もっと前から姿勢を整えることも大切だし、生まれてから赤ちゃんの姿勢を整えてあげることもとっても大切。  ポイントは 体軸をまっすぐにしてあげる。 S字カーブを描いていない赤ちゃんの背骨は丸くなることの方が自然。丸い姿勢を作ってあげる。 わかりやすいのは、おなかにいるときからはじめるべびぃケア―妊娠・出産・育児を気持ちよく